資料請求はこちら
LINEの追加はこちら

立志館の特長

立志館ゼミナール高校部の”8つの戦略

戦略1 進化する授業は、常に最新モデルへ

立志館ゼミナール高校部の講師は、大阪南地区からの受験者が多い大学入試を知り尽くしたプロ。毎年その傾向を反映して作り上げられた最新のテキストを駆使して、毎回ドラマティックな授業を展開します。
従来からの教え方ではなく、常に時代の最先端を取り入れたthe very best を目指して授業法を研究し、その成果を受験生に還元しています。

戦略2 講師によるトータルバックアップ

立志館ゼミナール高校部の講師は、ただ授業だけをする存在ではありません。年間3~5回の生徒との個人面談を通じて、学習生活面まできちんと面倒を見る塾的予備校のパイオニアです。
他の大手予備校にはない圧倒的な「講師と生徒の距離の近さ」から得られた豊富な知識やノウハウを生かして、学習法や学習計画の指導・受験戦略の指導・生活指導の3つの側面から現役合格まで強力にナビゲートしていきます。

戦略3 充実の自習室、エンデバーでやる気に応える

立志館ゼミナール高校部には、6部屋120席を超える自習室、エンデバールームを設置しています。各席をブースで仕切ってあるので、周囲の人を気にせず学習に集中できるようにしています。
自宅ではつい誘惑に負けてしまう人も、真剣な雰囲気の中で集中して自習できる環境を整えています。

戦略4 最新の大学試験情報を分析・発信

いまや情報は至る所に存在しています。インターネットを見れば情報はすぐに手に入る時代になりました。しかし、その情報を活かせるかどうかは、その見方=「分析力」次第です。
立志館ゼミナール高校部では、情報や数字をただ単に提供するだけではなく、その数字や情報の持つ「本当の意味」をシャープに分析、授業や個人面談を通じて受験生に還元していきます。
通説や常識にとらわれない、新鮮な見方・考え方を提示しています。

戦略5 保護者の方への万全のサポートを

時代の変化とともに、受験生を取り巻く状況も様変わりしています。近年では国公立大学や一部の難関私立への進学を希望する声が一段と高まり、18歳人口は減少していますが、競争はむしろ激化しています。
そのような中、受験生が不安を抱えることなく、安心して志望校現役合格を目指していただけるように日々の指導を行っています。
我々の指導方針や指導内容をご理解いただき、最新の分析情報を提供する場として、年3回の「保護者会」を実施しています。

戦略6 「わかるまで教える」徹底指導

授業中や復習などで生じた理解不足や疑問点、個々の問題を徹底して解消します。立志館ゼミナール高校部では、実際に授業を担当する講師にいつでも気軽に質問ができる体制を整えています。
現役生のつまずきやすい点や盲点となるポイントを的確に踏まえた指導を、受験生がわかる、理解できるまで徹底的に行います。

戦略7 定期テスト対策プログラム

特に数学は、本格的に受験準備を迎える前の段階で教科書レベルの問題を確実に解き切る基礎力をじっくりと養成しておかなければなりません。そのためには、学校の定期テストをうまく活用することも大切です。
立志館ゼミナール高校部では、定期テスト前には「定期テスト対策授業・予想問題・質問会」などを実施し、学校の成績アップにつなげていきます。

戦略8 個別担任制で、徹底的に受験をナビゲート

立志館ゼミナール高校部では、生徒の学習状況や特性を把握し、一人ひとりに適切なアドバイスを行うため、個別担任制を設けています。
大手予備校とは異なり、実際に授業を担当する講師が担任にあたり、受験生一人ひとりに最適なサポート体制を提供しています。

志望大学現役合格を実現する
立志館の夏期講習