資料請求はこちら
LINEの追加はこちら

合格者の声

関西大学 社会学部 M.Mさん(泉北高校卒)

途中で何回も勉強するのがしんどくなったりもしたけど、立志館の先生達が楽しい授業をしてくれたり授業終わりに声を掛けてくれたりしてヤル気が出たりして、最後まで頑張ることが出来ました。受験を通じて改めて周りの人の優しさなどに気付く事ができ、今まで以上に周りの人を大切にし些細な事でも感謝するようになりました。

京都大学 工学部 Y.Sさん(三国丘高校卒)

私は、高校1年生のスタートから高校部に通い、高校で習う基礎的なものから、受験を見据えた発展的な内容まで、高1の頃から無理なく積み上げてくることができました。
立志館ゼミナールの一番よいところは、先生と生徒との距離が近いところだと思います。また、同じ高校の人だけでなく、他の高校の人とも競いあう雰囲気ができていて、常に刺激をもらいながら、授業を受けることができました。

大阪市立大学 文学部 Y.N君(鳳高校卒)

立志館の授業は、大学受験に向けたポイントを的確におさえてくれていて、入塾してから順調に成績が伸びました。先生方は親身になって相談にのってくれました。また、自習室も他の塾と比べてとても充実していると思います。努力し続けることの大切さ、友人の心強さ、忍耐力など勉強以外にもいろんなことが学べました。受験頑張って良かった!!

大阪市立大学 経済学部 K.H君(泉陽高校卒)

僕は高1から3年間立志館に通っていて、様々な教科の先生から丁寧に指導していただいた結果、無事に自分の志望校に合格することができました。受験期には、自分の成績に劣等感を抱くこともありましたが、先生の話を集中して聞き、集中して自習するようになってから、成績は好転しました。みなさんも現役合格を目標に頑張って下さい!

大阪市立大学 経済学部 S.I君(鳳高校卒)

立志館は自習室の環境が良く、情熱のある先生方やチューターの方々に気軽に質問できることで、分からないところもすぐに解決でき、苦手が徐々になくなっていく実感を体験することができました。だからこそ、高3から一生懸命努力したことが結果となって現れたのだと思います。

大阪市立大学 工学部 F.R君(鳳高校卒)

僕は、立志館の授業の予習・復習を徹底して行いました。数学や物理は立志館の授業の予習・復習以外はほとんど受験勉強といえる勉強はしていませんでしたが、立志館の授業は受験をきちんと捉えた内容になっているので、安心して勉強を進めることができました。当たり前ですが、授業を大切にすることでかなりの学力がついたと思います。また、志望校のレベルは僕の学力に比べて相当高かったのですが、「絶対に合格してやる!」という気持ちを持つことで、モチベーションを維持することができました。後輩の皆さんも、高い志を持って努力し続けて下さいね。努力は必ず報われますから。

大阪府立大学 地域保健学域 N.Sさん(泉陽高校卒)

受験勉強を始めた時は、私なんかが受かるわけがないと考えていました。しかし今では最後まで諦めずに自習室に通い続け、勉強ばかりしていた自分への驚き、努力し続けることで本当に目標を達成できたことの喜び、そして、私自身をそのように変えてくれた立志館の先生方への感謝で一杯です。

大阪府立大学 生命環境科学域 H.Wさん(清教学園高校卒)

高2のとき、学校の授業だけでは特に理科が全然できませんでしたが、高2の3学期から立志館にきて公式の作り方などの学校ではやらなかったような深いところまできちんと教わることができ、今まで理解できていなかったところも理解できるようになりました。受験勉強を通して、今まで以上に色々な人に支えられていることに気付き感謝できるようになりました。立志館で今まで勉強できて良かったです。

奈良県立医科大学 医学部 K.Sさん(岸和田高校卒)

まず、授業がわりやすくて楽しかったです。塾に行くことを、毎週楽しみにしていたほどでした。また、個人面談などを通して、勉強の進め方や教科の選択方法など細かいところまで丁寧に相談にのってもらえたので、安心して受験することができました。

神戸大学 発達科学部 A.Mさん(泉陽高校卒)

私は自分を最後まで信じたからこそ合格できたのだと思います。常にポジティブでいるように心掛けていました。どんなに勉強しても、自分で自分の可能性を狭めてしまっては、志望校を受けることさえできません。受験生としての1年間の中で、苦しかったときもありましたが、立志館の先生方やスタッフの皆さんに応援してもらい、自分の決めた目標に向かってをあきらめずに努力し続けました。そのおかげで、笑顔で受験を終えることができたと思います。後輩の皆さんが、もしも挫けそうになったら、立志館の先生方やスタッフの皆さんと話してみて下さい。必ず温かく励まして下さいます。そして、先生方を信じて、自分を信じて頑張り続けて下さい。立志館には皆さんの味方がいっぱいいますから。