資料請求はこちら
LINEの追加はこちら

合格者の声

東京大学 理科Ⅱ類 M.Hくん(大阪星光学院高校卒)

毎回の授業の後、理解できない部分を、僕がわかるまで丁寧に質問対応していただいたおかげで、高校の授業では苦手としていた教科も、得意科目にすることができました。定期的におこなわれる個人面談でも、自分のことのように親身になって相談にのってくださるので、自信をもって受験に臨むことができました。

京都大学 工学部 T.Iくん(三国丘高校卒)

僕は高1のころから、クラブと両立させながら立志館に通いました。クラブが忙しくて授業に出席できないときも、先生方は個別に補講をしてくださったり、理解できない問題に出会ったときも、僕が納得するまで質問に対応していただきました。授業では、どの教科も入試を見据えた問題を常に扱うので、立志館の教材を何度も反復して練習しました。

立命館大学 経済学部 N.H君(鳳高校卒)

同じ高校の人が多かったのでいろんな話をしたり、意見を交換することができました。周りが勉強しているので、自分もしないといけないという気持ちになりました。どの授業も問題の解き方のコツから自習の仕方まで何でも教えてくれるので、とても助かりました。分からない問題も分かるまで親切に教えてくれるので、立志館に来て良かったです。

和歌山大学 システム工学部 S.S君(泉陽高校卒)

何をどのようにして勉強していけば良いのか分からなかった頃、担任の先生中心に各教科の先生方が一人一人の得意分野、苦手分野を自分でも気付かないことまで見抜いた上で、親身になってアドバイスをしてくれました。おかげでやるべきことがわかり弱点を減らし、長所を伸ばすことが出来ました。

和歌山大学 システム工学部 K.K君(鳳高校卒)

立志館の先生方はセンター試験の傾向、頻出問題、応用問題といった勉強の情報だけでなく、さまざまな入試の情報を個人面談を通じて分かりやすく教えてくれました。入試には多くのスタイルがあり、立志館ではその情報をいかに正確に理解し、質の高い勉強をしていくことが大切かを学びました。

同志社大学 商学部 I.Y.君 (登美丘高校卒)

1週間単位で、どのようなことを勉強するのか目標を立てたことが良かったと思います。部活でどんなに疲れていても、「やると決めたことを達成するまでは絶対に寝ない!」と心に誓って勉強していました。また、僕は英語が本当に苦手だったのですが、立志館の先生方の役に立つ授業や、スタッフの方の温かいフォローのお陰で、一番の得意科目になるぐらいまで学力を伸ばすことができました。立志館の皆さんには本当に感謝しています。後輩の皆さんも立志館の先生方と一緒に頑張って下さい。応援しています。

京都大学 工学部 Y.K君(三国丘高校卒)

立志館では、目標を決め、そこに向かってがむしゃらに努力しやり抜くという経験を得ることができました。立志館の先生は、どんなときでもすぐに質問に答えてくれ、何より基礎が大切であることを徹底的に仕込まれました。明るく楽しい、そして頼もしい先生方のおかげで、メリハリをつけて勉強することができたと思います。

京都大学 理学部 H.Fさん(三国丘高校卒)

立志館の授業は受験のための力がきちんと身につけられるようにできているので、とにかく立志館の授業の予習を怠らなかったことです!! 授業内容を全て先取りするぐらいの気持ちを持って予習していました。文化祭等であまり勉強できない時期でも、「立志館の授業の予習だけは!」と決めて勉強しました。他にも、英語と理科を得意科目にできたのは大きかったと思います。数学は問題の難易度と自分の出来が一致するとは限りませんが、英語は安定して点が取れます。また、理科は現役生が疎かにしやすい科目なので、他の受験生と差をつけるのにはもってこいでした。

京都大学 法学部 A.Tさん(三国丘高校卒)

私にとって受験とは、弱気になる私自身との闘いでした。そういう私に立志館は親身になって、私自身に合った実力の伸ばし方を教えてくれました。受験勉強は厳しく、時には挫けてしまいそうになったこともありましたが、上を目指すことの大切さを立志館で教わり、成長することができたと思います。

京都大学 工学部 Y.Sさん(三国丘高校卒)

私は、高校1年生のスタートから高校部に通い、高校で習う基礎的なものから、受験を見据えた発展的な内容まで、高1の頃から無理なく積み上げてくることができました。
立志館ゼミナールの一番よいところは、先生と生徒との距離が近いところだと思います。また、同じ高校の人だけでなく、他の高校の人とも競いあう雰囲気ができていて、常に刺激をもらいながら、授業を受けることができました。

志望大学現役合格を実現する
立志館の夏期講習